スクラムマスターの役割とは?アジャイル開発におけるスクラムを解説します!

アジャイル開発とは、短いスパンでの開発を繰り返して、顧客の要求や変更などについて柔軟に対応しながら開発するという方法です。

その中にスクラム開発というものがあり、ここでは開発効率の向上を目指して開発を繰り返します。
アジャイル開発の中で欠かすことができないのが、スクラムマスターの存在です。

そこで今回は、スクラムマスターの役割を詳しくご紹介します。
スクラムマスターの仕事内容や資格などについても知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

アジャイル開発におけるスクラム開発とは?

スクラム開発とは、そのアジャイル開発の一つで、スクラムといったチームを組み、プロダクトオーナーやスクラムマスターなどがその役割を担いながら開発チームと一緒に計画を行う方法です。

短いスパンでの開発工程を繰り返し、常に状況を見えるようにし、問題点を発見し、改善しながら納品物を作成していくのです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

スクラムマスターの役割や仕事内容は?

次に、スクラムマスターの役割やどんな仕事をしているのかをご紹介します。

スクラムマスターは、スクラムチームにスクラムの理論や価値を理解してもらって、正しい方法で実践できるようにサポートするのが役割です。

スクラムマスターは開発チームのリーダーのような存在として、計画をスムーズに進めるように仕事をしています。
また、開発メンバーがタスクを効率よくこなせるような環境を整え、開発メンバーが期限内にタスクを終わらせるように管理するのです。

スクラムマスターの具体的な仕事内容は、
開発メンバーをサポートすること
②スクラム開発の価値や理論をプロジェクト関係者に伝えること
プロダクトオーナーをサポートすること
です。

①開発メンバーをサポートすること

スクラム開発では、設計から開発、テスト、改善の一連の流れをスムーズに実施できるように、開発メンバーにスクラムの理論や考え方、取り組みなどを助言し、調節しながら全面的にメンバーをサポートしていくという役割があります。

開発しているうちに問題が発生すれば、解決に向けて取り組み、円滑に計画が進行していくために環境を整えていくことが仕事です。

②スクラム開発の価値や理論をプロジェクト関係者に伝えること

スクラム開発の理論などを理解したうえで、プロジェクトの計画に関する外部の方々に、スクラム開発における価値やメリットなどを伝えます。

クライアントとのコミュニケーションを密接に取りながら、計画を成功に導くにはどのようにすればよいのかを常に考え、行動していくことが大切です。

③プロダクトオーナーをサポートすること

また、スクラムマスターはプロダクトオーナーをサポートすることも必要です。
プロダクトオーナーは、クライアントの要求を満たすプロダクトを作るために必要な業務を行う開発責任者の事です。
タスクやスケジュールの進捗管理、プロダクトバックログの作成を行います。

スクラムマスターは計画がスムーズに進むように、こういったプロダクトオーナーのサポートも行うのです。

スクラムマスターの資格や必要性

では、スクラムマスターの資格やその必要性はあるのでしょうか。
ここからは、スクラムマスターの資格や必要性などについてご紹介します。

スクラムマスターは、資格制ではありません。しかし、スクラムマスターの能力認定資格が存在します。認定スクラムマスターと言われている資格は2種類に分かれているので見ていきましょう。

①アメリカの非営利団体であるScrum Alliance
②同じくアメリカの非営利団体であるscrum.org

これらの資格はいずれもアメリカの非営利団体が実施しているスクラムマスターの資格です。
Scrum Allianceは、歴史が長く日本でも知られている資格です。どちらの資格も事前に研修を行い、試験を受験することができます。研修期間中に不適切な行動や言動をすると、受験資格のはく奪をされてしまうので注意しましょう。

これらの資格は合格率が高く、無料で一回の受験チャンスがあるのです。受験の合格率は講師の評価につながるので、手厚いサポートを受けられる可能性があります。

では、スクラムマスターの資格は本当に必要なのでしょうか。
実は、スクラムマスターの資格はなくても十分に活躍できる人材になります。しかし、資格を取得することにより、自分の知識やスキルがあることを存分にアピールできるための大きな基準となるでしょう。

スクラムマスターの資格は役立つ以外にも信頼度が上がり、結果的に、依頼単価も資格がない人に比べると上がりやすい傾向があるのです。
このように、資格を活用することによって、結果的に収入をアップさせることにつながるのです。

また、スクラムマスターではアジャイルの考え方も有効です。
アジャイルというビジネス思考の理解を深められるアジャイルソフト開発宣言などのアジャイル開発の試験を受けて、資格を取得すると、スクラムマスターでも役に立つ知識が勉強できるのでおすすめです。

スクラム開発とアジャイル開発は、ITビジネスの考え方で役立つ知識になるので、どちらも勉強していて損はないでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

今回は、アジャイル開発におけるスクラム開発、スクラム開発の資格について、スクラムマスターの仕事内容や役割などをご紹介しました。

スクラムマスターの仕事内容は幅広く、比較的難易度が高い役割とも言えます。
しかし、スクラムマスターは開発チームの責任者としてチームメンバーやプロダクトオーナーをしっかりサポートし、計画を成功に導くための重要な人材なのです。

今、アジャイル開発は注目度が高いので、スクラム開発の認知度や今後の注目度も高まることが予想されます。この記事を読み、スクラム開発やスクラムマスターについてしっかり知っておくことにより、有利に立ち回れるのではないでしょうか。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。


一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「技術について(開発言語/ツール情報)」でよく読まれている記事