VBAの将来性とは?VBA活用のメリット・デメリットをご紹介します!

エンジニアの皆さんは、日常的にOffice製品をよく使っているでしょう。
VBAは、Office製品をより効率的に活用するためのプログラミング言語です。

プログラミング言語であるVBAは、Office製品を使った業務のルーティン作業を自動化するときなどに使われています。

そこで今回は、VBA活用のメリットやデメリット、VBAの将来性、エンジニアに知ってほしいVBAでできることを詳しくご紹介します。

エンジニアやプログラマーの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

VBAとは?

まずは、VBAとは何かというのを見ていきましょう。

VBAとは、Visual Basic for Applications(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ)と言い、主にマイクロソフト製のMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語です。

VBAは、日常的によく使われているWordやExcel、AccessなどのOffice製品に搭載されています。

VBA活用することにより、Office製品を使ってルーティン化している業務を自動化することができます。

また、VBAはOffice製品を利用したシステム開発にも使われます。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

VBAでできることをご紹介!

次に、VBAでできることをご紹介します。主にVBAは、自動化や業務効率化に使用されます。

専用の入力フォームを作成する

VBAは、データの訂正機能やミスを警告する機能を付けた入力フォームを作成できます。これによって、データエントリーの効率と制度がグンと向上するでしょう。

また、VBAは入力したデータを自動集計することが可能です。

一つのファイルからデータを抽出して複数のシートを作成する

VBAはデータベース接続ができるので、データベースからデータを抽出してExcel上で自動加工することができます。

また、一つのファイルからデータを抽出して複数のシートを作れるので、顧客情報などを一覧にしているファイルから顧客ごとの伝票の帳簿を作成することなどができるのです。

グラフの自動作成などレポーティングツールを作成する

VBAを活用すると、ピポットテーブルやグラフ作成などの作業を自動化することができます。

ファイルからデータを抽出してメールを自動送信する

VBAは、顧客情報などのファイルから顧客ごとに名前を抽出し、Outlookと連携し、メールを作成したり送信したりすることができます。

VBA活用のメリット・デメリット

続いて、VBA活用のメリットとデメリットを見ていきましょう。
VBA活用は、魅力的なメリットもありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

VBA活用のメリット

Office製品に標準搭載されているVBAは、環境構築などの手間なく簡単に開発することができます。

VBAはシンプルなシステム開発に向いており、データベースとの連携もスムーズです。
VBA活用で業務効率化することで、業務の定型化や労働時間の短縮などを図ることができます。
このように、VBA活用にはたくさんのメリットがあるのです。

VBA活用のデメリット

VBAのデメリットは、Office製品に用途が限られているので、汎用性がないという点です。また、Office製品のバージョンが変わると、動作不良を起こす可能性があるという点もデメリットと言えます。

VBAは魅力的なプログラミング言語ですが、メリットだけでなくVBAならではのデメリットもあるということを覚えておきましょう。

VBAの将来性は?VBAが活かせる仕事

次に、VBAの将来性を考えていきましょう。

■VBAの将来性は期待できる!?

ほとんどの企業でofficeが導入されていることから、必然的にVBAの利用率は高くなっています。このような状況が変わらない限り、VBAの需要は続くと考えられます。

人口減少に伴っていろいろな業界で人手不足が問題となっています。そのため、事務系業務などでもますます自動化が求められていくことが予想され、VBAの将来性は安泰と言えるでしょう。

■VBAが活かせる仕事

では、将来性が期待できるVBAはどのような仕事に活かせるのでしょうか。VBAが活かせる仕事は以下の通りです。

システムエンジニアやセールスエンジニアなどのエンジニア職

VBAを習得していると、エンジニア職に活かすことができます。システムエンジニアの場合、多くの企業が導入して使い慣れているExcelなどを用いることで、その企業にとって利便性の高い良いシステムを構築することができるでしょう。

また、セールスエンジニアも同じで、VBAの知識があると、顧客に対して適切なシステムを低コストで提案することもできます。

プログラマー

プログラマー職も、VBAを活かすことができる仕事です。プログラマーは、コーディングのほかにもExcelなどを活用して資料作成する場面が多くあるので、VBAを活かすことができます。

VBA活用だけでなく、C言語やJavaなどを合わせて身に着けておくことで、プログラマーとしての幅も広がるでしょう。

事務職

VBAは、事務職など単純作業や毎日繰り返し行う業務に携わっている仕事にも向いています。
メール作成・送信やレポート作成、在庫集計などの処理をVBAで自動化することができるので、作業量を大きく削減できる上、業務に費やす時間も大幅に短縮することができるでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

VBA の基本知識、VBAのメリットやデメリット、VBAを活かせる仕事などを知ることはできましたか?

VBAはOffice製品を使う上で、活用すると非常に便利なプログラミング言語です。
VBAはマイクロソフトが資格制度を提供しているので、資格を取ることでスキルのアピールにもつながります。

VBAはエンジニアの方はもちろん、事務職の方にもおすすめのプログラミング言語です。将来性も期待できるため、ぜひ、今後のステップアップのためにもVBAを習得してみてはいかがでしょうか。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。


一対一のカウンセリングに基づき、
スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。
ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。
案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。
将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽にご登録ください。
お仕事をご要望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「技術について(開発言語/ツール情報)」でよく読まれている記事