CGデザイナーの年収は高い?年収を上げる方法もご紹介!

今CGは、ゲームやアニメ業界だけでなく、いろいろな業界で活用されています。そんなCGを支えているCGデザイナー。

CGデザイナーを目指している方が気になるのは、CGデザイナーの平均的な年収ですよね。もちろん、年収は高いほうが仕事のモチベーションもアップするでしょう。

そこで今回は、CGデザイナーの平均年収をご紹介します。

年収をアップする方法やCGデザイナーになる方法などもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

CGデザイナーの基本情報

まずは、CGデザイナーの基本的な情報を見ていきましょう。

CGデザイナーとは、CG(コンピューターグラフィック)を使用してCGのデザインを行う職種のことで、CGクリエイターと呼ばれることもあります。

現在、CGの需要は非常に増加しているので、スキルや経験を活かして活躍できる業界は幅広く、ゲーム業界やアニメ業界、映画業界での映像制作のほか、雑誌の表紙やポスターなどで使われる二次元CGなどさまざまな業界で引く手あまたです。

そんなCGデザイナーは、単にデザインを行うだけではなく、最終的なアウトプットにCGをつなぎ合わせるための発想力や、制作内容をチームメンバーに伝えるためのデッサン力、処理性能やファイル容量などの制約条件をカバーできるスキルなど、デザイン以外のスキルも求められるでしょう。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

CGデザイナーの平均年収は?

次は、CGデザイナーの気になる年収をご紹介します。

CGデザイナーは個人差がありますが、平均的な年収は350万円~500万円ほどです。月収にすると30万円~40万円程度で、企業の規模や年齢、勤続年数などによって変化します。

CGデザイナーは非正規雇用も多い職種のため、人によって基本給やボーナスにも違いが現れます。

年齢が上がるにつれて平均年収は高くなり、スキルの熟練度が年収に関係している様子が伺えます。

CGデザイナーの初任給

CGデザイナーの初任給は、どんな企業に就職するかによって変化します。新卒サイトなどでCGデザイナー職を募集している場合は、初任給は20万円前後が多いようです。

CGデザイナーとしての担当業務も各企業によって差があり、それに伴って初任給に大きな幅が生まれます。

そのため、初任給を参考に就職を考える際は、企業規模や業務内容などを考慮することが大切です。

CGデザイナーで年収をアップする方法

では、CGデザイナーになって年収をアップするにはどうしたらよいのでしょうか。

ここからは、CGデザイナーで年収を上げる方法をご紹介します。

スキルアップを目指す

CGデザイナーが年収を上げるには、デザインのスキルアップを目指すことが最も大切です。

スキルが高いほど、周りができないような難しい仕事や、幅広い仕事をこなせるようになり、会社の売上にも貢献できるので、収入アップが期待できます。

スキルアップを目指すには、常にトレンドを意識し、最新のツールや技術への対応なども怠らないようにすることが大切です。

高度な仕事ができる職場へ移る

CGデザイナーとして収入アップを目指すには、高度な仕事ができる職場へと移ることも重要です。

もちろん、スキルがあることが大前提となりますが、職場が変わることによって収入が大きく跳ね上がる方も少なくありません。

自分のスキルを活かせる職場や、マネジメントスキルやリーダー経験が生かせる職場など、自分の持っているものを最大限に発揮できる職場を探しましょう。

独立してフリーランスになる

独立してフリーランスのCGデザイナーになり、案件や金銭面、労働時間などを自分で管理できるようにすることで、収入を上げるという方法もあります。

フリーランスは収入が安定しない場合もありますが、自分の力量次第で収入アップが期待できます。

CGデザイナーとして有名になると、仕事も確保しやすくなって年収も上がるので、知名度を上げることも一つの手と言えるでしょう。

CGデザイナーになる方法

次に、CGデザイナーになる方法をご紹介します。

CGデザイナーは必要な資格などはなく、学歴を重要視されることもほとんどありません。そのため、初心者や未経験でも目指せる職種です。

しかし、CGデザイナーの求人は即戦力を求める企業が多いので、これらの求人に応募するためには制作のスキルや経験が必要です。

また、すぐに働きたいという方は、初心者・未経験者OKの求人を探し、そこでスキルを身に付けるという方法もあります。

CGデザイナーとしてスキルを身に付けるには?

最後に、CGデザイナーとしてスキルを身に付ける方法をご紹介します。

自分に合った方法でスキルを身に付け、幅広い現場で活躍できるCGデザイナーを目指しましょう。

学校に通ってスキルを身に付ける

CGデザインの制作スキルを身に付けられる学校に通う方法が、最も一般的と言えるでしょう。CG制作の工程ではデッサンを行う場合もあるので、芸術系の大学で彫刻や絵画を専攻すれば、より専門的な知識が身に付けられます。

また、より直接的にCGデザイナーを養成するための専門学校で学べば、CGデザインの勉強に集中できるでしょう。独学での勉強が不安という方は、このように学校に通ってスキルを身に付けることをおすすめします。

制作現場で働きながら学ぶ

Photoshopやillustratorなどの画像処理ソフトが使える方は、制作現場のアシスタントとしてCGデザインの仕事が見つかる場合があります。

初めは、画像上のノイズを消したり画像合成用のマスクを切ったりなど地味な作業が続きますが、制作現場で実際に働けば、現場のリアルな環境も把握できますし、良い先輩や上司に教えてもらえる可能性もあるのです。

注意したいのは、並行して独学で勉強するということです。また、本気でCGデザイナーになりたいという意思を職場に伝えることも大切です。

独学で学ぶ

学校に通っても、制作会社で実際に働いても、一流のCGデザイナーを目指すのであれば独学は必要不可欠です。CGデザインを行うOSやソフトウェアは日々進化しているので、学び続けることがプロには求められるでしょう。

独学で学べることは意外と多いです。

各ソフトウェアは、ガイドブックやチュートリアルが多く存在しているので、独学で読み解いているだけでもたくさんの知識やスキルが身に付くでしょう。

ですが、独学だけでは学べないこともあるので注意が必要です。

大規模なCG制作は多くの工数に分かれているので、作法や役割分担を独学で習得するのは難しいのです。

独学による知識や経験不足を解消するには、実際に、現場に足を運ぶ機会をつくるのが一番です。

また、制作スキルを高めるためにも、CG制作に関する資格や検定の受験を検討するのも良いでしょう。CGデザイナーになるために役立ちそうな資格は、CG制作理論などを出題するCGクリエイター検定やPhotoshopクリエイター能力認定試験、illustratorクリエイター能力認定試験などです。

\ ログインしなくても検討機能が使える♪ /
新着のエンジニア案件を見てみる

まとめ

CGデザイナーは今後も需要が増加していくと予想され、将来性もある職種と言えます。

これまでの活躍の場であったゲームやアニメ、映画などの制作会社に加え、近年では食品や住宅、家電など各種メーカーでも広告・パッケージデザイン、顧客プレゼン用の資料を制作する際などでもCGを必要とする場面があり、CGデザイナーの需要はどんどん高まっています。

また、CGの制作スキルや成果物は日本以外でも価値が変わらないので、自分の努力次第では海外でも働くことが可能です。

ぜひ、幅広い業界で活躍できるCGデザイナーを目指し、スキルを磨いてくださいね。

【お知らせ】
現在、エンジニアルートではフリーエンジニアを中心とした、フリーランスの お仕事紹介、お悩み相談を承っております。

一対一のカウンセリングに基づき、スキルやキャリアプランなどのご要望をお伺いしピッタリの案件をご提案します。ご参画中のご相談・節税対策、適正な給与なのか知りたい、マージンを下げたいなど何でもサポートをいたします。

案件獲得までには早ければ1〜3日、平均的に2週間以内には複数案件から選べる状況になっています。将来的な独立の相談のみでも承っております。お気軽な気持ちでご登録ください。
フリーランスを考えてる方やお仕事をご要望、面接指導などをご希望の方は、下記バナーより新規登録をお待ちしております。非公開求人多数です。

よく読まれている記事

「フリーランスの知識」でよく読まれている記事