怒りを抑えたいときに実践すべきイライラ解消方法

フリーランスとして一人で仕事をしていると、進捗が思うとおりに行かなかったり、ちょっとした邪魔が入ったりして、イライラすることはありませんか。
怒りなどの気持ちの乱れは、一人で仕事を頑張るフリーランスにとって、仕事を邪魔する大敵ともいえる存在です。
仕事を進める上で邪魔になるイライラを解消して、スムーズに仕事を終わらせるためには、どのような対処法が考えられるのでしょうか。

今日から簡単にできる、怒りが原因のイライラ解消法を3つご紹介します。
怒りと上手におつき合いして、効率よく仕事をこなすための具体案も合わせて解説します。

怒りによるイライラ解消法1「体を動かして頭と心をすっきりさせる」

イライラ解消法の1つ目は「適度に体を動かすこと」です。
フリーランスで仕事をしていると、仕事の都合でくるくる動き回ることはあります。
しかし、自分から時間を作ろうとしないと、なかなか自分自身のために運動をする時間を取ることができません。
その「体を動かさないことによるすっきりしない感じ」も時にイライラに繋がってしまいます。
これは困りものです。

運動をすると息が上がり、余計な思考が吹き飛んでしまいます。
頭の回転が仕事から「動くことだけ」に切り替わります。
また、心の中のもやもやしたものが、すっと抜けていきます。
頭ばかりが働いているから、余計にもやもや考えてしまい、悪い方へ悪い方へ、イライラする方へイライラする方へと流れてしまうのではないでしょうか。
だからこそ、体を動かして、嫌な思考をすっきり追い払ってしまうことで怒りを解消してみるのも、イライラに対処するための有効な方法です。

早足歩行でも、マラソンでも、縄跳びでもいいです。
スポーツクラブに通うのもいいですし、愛犬と思い切り散歩したり、愛猫と思い切り遊んだりするという具体案も考えられます。
とにかく、一日のうちの何分かは、思い切り動くことによって思考をすっきりさせ、心も体も燃やし尽くすつもりでニュートラルに戻すよう心掛けてみてはいかがでしょう。

体を動かすと血行が良くなり、肩こりや頭痛にも効果があると言われます。
ずっと仕事に没頭してしまいがちなフリーランスには、「一日に数分でも運動する」ことは、運動不足解消や健康を保つことだけでなく、イライラを解消するためにも良い習慣になります。

仕事に追われている日々だからこそ、「体を動かして発散する」「体を動かし、息が上がることによって余計なことを考えられなくする」「イライラに繋がる思考を吹き飛ばす」時間を作りたいものです。
仕事中にイライラしていても、運動を仕事と仕事の間に挟むと怒りを解消でき、また良い仕事ができるようになります。

一仕事終わったらちょっとだけ家の周りをジョギングし、自分で決めただけ走ったら次の仕事をする。
こんなふうに、イライラ解消だけでなく、仕事の区切りとしてスポーツを活用するのもおススメです。
仕事にメリハリが出るので怒りを感じ難くなり、すっきりと仕事ができるようになります。

怒りによるイライラ解消法2「仕事を早めに終わらせる習慣をつける」

怒りでイライラしてしまう原因に、仕事のリテイクやクライアントとの行き違いがあります。
怒りでイライラする状態を解消または回避するためには、仕事の納期などを自分なりに工夫する必要があります。

例えば、自分では上手くできたと思った仕事でも、「ここを修正して欲しい」「言い忘れていたけど、こんな感じで進めて欲しかった」という話になることがあります。
誠意をもって対応しようと思っても、心や体が疲れていると、イライラしながら対応してしまうことがあります。

フリーランスのみならず、仕事を頑張っていると、体の疲れや心の余裕のなさで怒りを覚え、イライラしてしまうことがあります。
普段は何でもないことなのに、疲れや余裕のなさでイライラしてしまうのは、多くの人が経験していることです。
フリーランスだけではありません。
この点は「人間だから仕方がない」と割り切る必要があります。
割り切ってしまい、怒りを解消する方法を考えることが大切です。

疲れや余裕のなさによるイライラを抑えるためには、「仕事に余裕を作ること」が重要になります。
心や体に余裕がないからこそ、普段怒らないようなことでもイライラしてしまいます。
ですから、意識的に「余裕を生み出す工夫」が大切です。
具体的には、本来の納期の前日を「自分なりの納期」に決めて、時間的な空きを作っておくという方法があります。
納期前に仕事を終わらせることにより、急な修正や連絡にも心の余裕を持って対応できます。
怒りによってイライラすることが少なくなります。

怒りをどうやって抑えるか、そしてイライラをどうやって解消すべきか考えるのではなく、最初から回避するように工夫するのです。
発想の転換です。
怒りを回避することによって、ちょっとした仕事の遅れや連絡でイライラすることもなくなり、さらに心や仕事に余裕が生まれます。
心の余裕は体の余裕にも繋がります。
回りまわってストレスの回避にも繋がります。

怒りによるイライラ解消法3「怒りを覚えたらクールダウンの時間を取る」

怒りを覚える瞬間は、誰にだってあります。
だからこそ、怒りを覚えても罪悪感を覚えないことが大切です。
しかし、怒りを覚えてイライラすることは誰にでもあるからといって、他人に当たり散らしてしまうことは控えたいものです。

仕事仲間や家族、クライアントに怒りによるイライラを見せてしまいそうな時は「ちょっと時間をいただけますか」と間を置いて、クールダウンすることも一つの方法です。
クールダウンすることにより冷静に自分や仕事を見つめ直すことができます。
加えて、無理に怒りを抑えつける必要もなくなります。
怒りを無理やり抑えつけると、それだけでさらなるイライラに繋がってしまいます。
怒りに無理に蓋をすると、どんどん膨れ上がり、大きなストレスになることも考えられます。

仕事で怒りを覚え、イライラが周囲に見えそうだと感じたら、「お手洗いに行っていいですか」などの理由を付け、少しでもクールダウンの時間を取るように工夫します。
廊下や洗面所で深呼吸し、冷たいお水を一杯飲んで気持ちを解消するという具体的な方法が考えられます。

最後に

フリーランスの仕事は自分や納期との戦いです。
だからこそ、意識的に怒りを回避するように気をつけないと危険です。
自分でも気づかないうちにイライラが溜まってしまって、ある日突然爆発してしまうことが考えられます。
イライラを上手く解消できないことによるストレスで、精神的にぐったりしてしまうことも考えられます。
フリーランスは仕事も大切ですが、自分に合った「イライラ解消法」や「怒りの回避方法」を見つけることが重要です。

イライラを上手く解消できるようになれば、仕事の能率もアップします。
怒りで「仕事が手につかない」「家族や仕事のパートナーとの関係が険悪になった」とならないように、自分なりの解消方法を見つけ、より良く、そしてよりすっきりと仕事ができるようにしたいものです。

人気のコラム記事