話題の子供向けプログラミング言語スクラッチ(Scratch)とは?

IT分野の需要拡大に伴い、今後小学生からのプログラミング教育が必修化となります。

その過程で子供でも学べるプログラミング学習環境が続々と登場していますが、中でもスクラッチ(Scratch)が子供から大人まで大きな人気を博しています。

そこでここでは、話題のビジュアルプログラミング言語であるスクラッチについて、概要から初め方までわかりやすく解説します

スクラッチ(Scratch)とは

スクラッチ(Scratch)は、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのミッチェル・レズニックが開発したビジュアルプログラミング言語学習環境です。

ビジュアルプログラミングとは、さまざまな「命令」が記述されたブロックを組み合わせてキャラクターを動かすことができるプログラミング開発環境のことです。

視覚的に処理のイメージがしやすく、パズル感覚で処理を組み立てることができますので、他のプログラミング言語のように構文や書き方を覚える必要がありません。
また、実際に動きを確認しながら楽しくプログラミングができることからプログラミングを行う上で必要な論理的思考を身につけることができます。

スクラッチは子供向けに設計されているため、教育の分野で広く使われています。
また、大人でもプログラミング学習用や遊びでスクラッチを始める方も多いようです。

Scratchは世界中で多くのユーザーが作成したプログラムを公開し、公開されたプログラムを見ることができたり、コピーして自分で処理を変更するといったことも可能です。

スクラッチ(Scratch)の初め方


公式サイト:https://scratch.mit.edu/

ScratchはWebブラウザ上でプログラミングできることから、特定のOSに依存することはありません。

Scratchを始めるには、公式サイトにアクセスして「Scratchに参加しよう」からアカウントを作成します。

実際のプログラミングを行うにはトップメニューの「作る」をクリックして、プロジェクトの作成画面からはじめることができます。


このプロジェクト作成画面よりプログラミングを行います。

実際に動かしてみよう!

ここでは、実際にプログラミングを行い、キャラクターを動かしてみましょう。

まずは、スクリプトにある動作スプリクトより動作を選択してスクリプトエリアにドラッグします。


音を鳴らす場合はスクリプトから「音」を選択して鳴らしたい音をドラッグします。


10歩動いたら5歩下がるような動作をさせたい場合は「〜歩動かす」のブロックの数字をクリックして−5を入力します。


繰り返し処理を行いたい場合は、スクリプトより「制御」を選択して「〜回繰り返す」のブロックで囲みます。


背景を追加したい場合はスプライトの「ライブラリーから背景を選択」をクリックして背景を選択します。


組み合わせたブロックを実際に動かすには、スクリプトエリアのブロックをクリックすれば、キャラクターが実際に動き出します。


無事に動きましたでしょうか?スクラッチはこのようにブロックを組み合わせて複雑な動作をすることも可能ですので、ぜひさまざまな動作を試してみてください。

まとめ

ここではスクラッチ(Scratch)について、概要から実際の動かし方まで解説しました。
スクラッチは子供向けに開発されたプログラミング言語なので、UIも直感的でわかりやすく、使いやすさの面からも教育の分野で指示されていることがわかりますね!
プログラミングを行う上で必要な論理的思考を身につけることもできますので、ぜひ遊び感覚で試してみてはいかがでしょうか。

人気のコラム記事