フリーランスも楽じゃない!?知っておきたい確定申告のこと

毎年、フリーランスの方は確定申告に悩まされることがあると思います。
そもそも、確定申告とは?という方や、何から始めれば良いのかわからない…という方も少なくありません。
そこで今回は、確定申告の基本や知っておきたい確定申告の準備などについてご紹介します。
フリーランスの方はぜひ参考にしてくださいね。

確定申告について

まずは、確定申告について詳しくご紹介します。
確定申告は、個人事業主(フリーランス)や法人が納税額を確定させる手続きを指します。
確定申告を行う前年の1月1日から12月31日までの一年間で得た、収入から経費を引いた所得を税務署へ申告して、納めたりなかった税金を納付したり、払いすぎたりした税金を還付してもらいます。
確定申告を行わなければいけない人は、所得から基礎控除の38万円をひき、残額があるすべての人になります。
しかし、会社員として働いている人は勤務先の企業が手続きを行うので、個人で確定申告を行う必要はありません。
業務委託で働いている人などフリーランスで働く人は、自分で税務を行わなければならず、報酬が源泉徴収の対象になることもあります。そのため、毎年の確定申告が欠かせません。

確定申告の二つの方法

確定申告には、青色申告と白色申告の二種類の申告方法があります。
これは、どちらを選ぶかによって手続きや準備が大きく異なるので注意しましょう。
では、青色申告と白色申告の違いについてご紹介します。

青色申告

青色申告は、取引を細かく記載する必要があるので、経理の知識が求められます。
しかし、特別控除があるのが特徴です。

•特別控除【10万円】
•決算書の種類:損益計算書
•記帳の方法:簡易簿記
•専従者給与:金額の制限なし(労務の対価として相当な額)
•赤字の繰り越しや減価償却資産の特例:あり

•特別控除【65万円】
•決算書の種類:損益計算書、賃借対照表
•記帳の方法:複式簿記
•専従者給与:金額の制限なし(労務の対価として相当な額)
•赤字の繰り越しや減価償却資産の特例:あり

白色申告

白色申告は、経費の計算が大まかで良いとなっているので、青色申告と比べて手間がかからず、経理の知識もいりません。
しかし、特別控除が無いので注意しましょう。

•特別控除:なし
•決算書の種類:収支内訳書
•記帳の方法:簡易簿記
•専従者給与:配偶者(最大86万円まで)、配偶者以外(最大50万円まで)
•赤字の繰り越しや減価償却資産の特例:なし

初めての白色申告の流れ

まずは、白色申告の基本的な流れについて見ていきましょう。
確定申告の準備は混乱しがちなので、焦らず、早めに準備するようにしましょう。
この白色申告の流れでは、税務署に郵送する例を出してご紹介していきます。

確定申告書類の提出方法を決定する
確定申告書類の提出方法は以下の3通りです。自分に合った提出方法を選びましょう。
•インターネット
•郵送
•税務署に持参する

レシートや領収書を集める

確定申告で重要なのは経費の算出です。
税額は収入から経費を引いた所得に合わせて決めるので、経費をいかにもれなく申告し、所得を抑えるかが大切です。
申告を行う前の年の1月から12月までに発行されたレシートや領収書、明細書などを集めて、帳簿をつける材料とします。
フリーランスなら、クライアントの打ち合わせでの食事代や飲食代、残業時に購入した夜食代なども経費に含まれるのです。
また、交通費や文房具、パソコン、ソフトなどの備品、勉強用に買った書籍や雑誌代なども経費となります。
確定申告では、どこまでが経費となるのかの見極めが大変です。
見極めるポイントとしては、「仕事に必要なものかどうか」です。申告は必ず正しく行いましょう。

領収書を科目ごとに仕分けする

次は、レシートや領収書を科目ごとに分けます。
おおまかでいいので、消耗品費や通信費、旅費交通費などに分類するのです。
科目で分けるのが難しい場合は、月別に分けても良いでしょう。

帳簿をつける

科目ごとに仕分けしたら、記帳を行いましょう。
白色申告の帳簿は、経費と収入を記していきます。
それぞれ、取引の相手と年月日、金額について記入します。
収入は、取引先企業から送られてきた支払書や、銀行の取引明細などを参考にしながら記入します。
経費は、レシートや領収書をもとに、どう使われたのか、科目などを記入します。

レシートと領収書、帳簿を保管する

レシートと領収書、帳簿は税務署に提出する必要はないのですが、一定期間の保管が義務付けられています。
わかりやすくファイリングしておくか、まとめて封筒に入れておくと良いでしょう。

確定申告書Bと収支内訳書に記入する

白色申告には、確定申告書Bと収支内訳書の提出が必要となります。
確定申告書Bは所得控除や事業収入、源泉徴収税額などを記入するものとなり、収支内訳書は経費や売り上げなどの合計、所得などを記入するものとなります。

書類に記入漏れがないか確認して税務署に提出

申告書への記入がすべて終わったら、最後に書類に記入漏れがないかをしっかりチェックしましょう。
特に、添付書類は注意が必要です。
フリーランスになる前から働いていた企業からの源泉徴収票や、医療費控除のための明細書などは忘れがちなので、要注意です。
こういった必要書類を郵送したら、確定申告は完了です。

確定申告のポイント

申告書類の提出が終ったら、早めに青色申告承認手続きを行うことがおすすめです。
白色申告と青色申告の控除10万円の枠では、記帳の方法が同じ簡易簿記となります。
そのため、申告の手間や時間があまり変わらないのです。
二つで異なるのは、事前に申告しているかどうかになります。
次回は青色申告を申請できるように、しっかり手続きを行っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
確定申告はとても面倒で手間がかかるイメージがあるかと思いますが、事前に何をすればよいのかをきちんと理解し、しっかり準備しておけば面倒な手間はかかりません。
ぜひ、確定申告の基本的な流れを覚えて、いざというときに困らないようにしっかり準備しておいてくださいね。